足立区で遺産整理をする際に気をつけたいリスク

遺産整理におけるリスク

遺産整理におけるリスク

これから足立区で遺産整理をする予定のある人は、遺産整理の手続きに関するリスクについて知っておく必要があります。
死亡してから3ヶ月経過していると、リスクが発生すると言われているのです。
様々な理由により、遺産整理がスムーズに進まないという人もいるでしょう。
遺産整理における相続の期限が過ぎてしまうと、借金を背負い、通常よりお金を多く支払わなければならなくなるなどのリスクが発生する恐れがあります。
足立区に住んでいる人は、まず今の状況を確認してお金を減らさないようにリスクを回避しましょう。
遺産整理をする際に、被相続人が借金をしていたことが判明することがあります。
借金の遺産相続から逃れるには、3ヶ月が期限です。
相続手続きは、被相続人が死亡した直後から発生します。
遺産整理時に相続人同士で遺産分割を行いますが、早く取り掛からなければ故人の口座が凍結して預貯金が下ろせない、他の相続人に遺産を隠される、株式などの評価が下がるなどのリスクが発生するでしょう。
そのため、できるだけ早い段階で遺産整理を始めることをおすすめします。

マイナスの財産がある場合は

マイナスの財産がある場合は
マイナスの財産が多い場合は、相続放棄をするとリスクを回避することができるでしょう。
被相続人が抱えていた借金が、プラスの財産よりも多い場合は、相続放棄をして借金を免れることができますが、家庭裁判所に申し出が必要になるため、早めに対応しておきたいものです。
プラスの財産、マイナス財産が判断できない場合は、限定承認が良いでしょう。
限定承認は、相続人がブラス分の財産の範囲に限定して、マイナスの財産を引き継ぐ方法です。
借金額がわからない場合に有効な方法ですが、家庭裁判所に申し出が必要であるため、借金が判明したときに早急に対応しましょう。
また、遺産相続による所得税の申告は4ヶ月以内です。
税務署に申告してください。
相続税の申告は10ヶ月以内です。
10ヶ月以内に遺産分割協議を終わらせておきましょう。
初めて遺産整理をする人は相続の手続きに関してわからないことも多いはずです。
足立区に住んでいる人の中で遺産整理がスムーズにいかないという人は、専門家に相談してみてはいかがでしょうか。



公開日:
最終更新日:2019年12月19日

最新解決事例

ページ上部へ戻る