足立区で争いを避けるため遺産整理の必須事項とは

遺産整理における必須事項とは

遺産整理における必須事項とは

足立区で争いを避けるために遺産整理おける必須事項を知っておきましょう。
足立区に限らず、遺産整理は争いが起きやすいものです。
両親が亡くなると相続が発生します。
初めて相続に関する手続きをする人もいるのではないでしょうか。
必須事項に一つは、相続税がかかるのかどうかを調べることです。
そのためには、遺産整理の際に財産の全体像を把握してください。
財産がどこに、どれくらいあるのかを把握しなければ、相続税の申告がスムーズにいかなくなります。
相続税の申告がスムーズにいかなければ、無駄にコスト、手間、時間がかかってしまい、遺産分割協議もできません。
被相続人の死亡後10ヶ月以内に相続税の申告をしなければならないため、遺産分割協議ができなければ、相続税と延納金を支払うことになります。
財産の詳細を残してもらうと、相続人は把握しやすいです。
高齢者の多くは、お財布の中身などを探られるのを嫌がるため、エンディングノートに書いてもらうことをおすすめします。
相続税がかからないケースもありますが、その場合も相続人が複数いれば、遺産分割協議を行うことになるでしょう。
相続税がかかる場合には、節税対策、財産移転対策、納税資金対策の3つが必須事項になります。

遺言書を書いてもらうとスムーズにすすむ

遺言書を書いてもらうとスムーズにすすむ
遺言書を書いてもらうことも必須事項です。

被相続人が遺言書に相続内容や分配方法を記載しておくと、相続人が複数いてもトラブルになりにくいでしょう。

しかし、元気なうちから遺言書を書いて欲しいと頼みにくいものです。

そのような場合は、両親の遺志を尊重するために、家族のためにと前向きな理由で話しをすると取り組んでもらえるかもしれません。

また、相続で注意しなければならないことはマイナスの財産もあることです。

両親の借金も相続財産になります。

プラスの財産よりも借金などのマイナスの財産が多ければ相続人は負の相続です。

相続開始から3ヶ月以内に家庭裁判所にて、相続放棄の申し立てを行うことで、マイナスの財産を負わなくて済みます。

しかし、相続放棄の際はプラスの財産も手放すことになるため注意が必要です。

他にも遺産整理における必須事項があります。

足立区で初めて遺産整理をする人、相続問題が発生したという人は専門家に相談してみてはいかがでしょうか。



公開日:
最終更新日:2018年4月6日

ページ上部へ戻る