足立区で遺産整理する際の評価とは

不動産を相続する際に知っておきたい評価について

不動産を相続する際に知っておきたい評価について

遺産整理の際に、預貯金や現金だけでなく不動産を相続することがあります。 足立区で遺産整理をしている人の中には、不動産を相続するという人もいるでしょう。 預貯金や現金であれば、相続人同士がどのように遺産を分け合うか話し合えば解決しますが、不動産の価値はどのように評価するべきかわからないはずです。 不動産の場合は価値を計算しなければ、遺産整理の際の話し合いがスムーズに進みません。 不動産は財産の中でも大きな割合を占めており、権利も複雑です。 そのため、価値を評価する計算がとても重要になってきます。 足立区に住んでいる人や、足立区にある不動産を相続する予定のある人は、不動産を評価するポイントを知っておきましょう。

不動産には様々な評価がある

不動産には様々な評価がある
不動産の評価をする際に知っておきたいポイントの一つは、評価が様々あるのです。 評価の目的によって、様々の価格があります。 不動産の価格は、公示地価、基準地価、路線価、固定資産税評価額、取引価格、鑑定価格などの種類があるのです。 公示地価は、基本的には全国の都市部の土地が対象となり、取引の際に参考にする価格になります。 また、基準地価は、国土利用計画法に基づき、都道府県内の都市部以外の土地が対象となるため、足立区も含まれます。 これも取引時、参考にする価格です。 路線価は、相続税法に基づき、全国の主要な路線に対して平米あたりの価格がつけられます。 相続税や贈与税を計算する際に使用します。 固定資産税評価額は、地方税法に基づいているもので、市町村内のすべての土地や建物が対象になるのです。 固定資産税を計算する際に使用してください。 取引価格は、実際に取引したときに決まった価格であり、取引が決まるまで価格は変動します。 鑑定価格は、不動産の値段を決めることができる不動産鑑定士が評価する値段です。 相場が常に変わります。 また、遺産分割協議の際に参考にする不動産の価格と、相続税を計算する際に用いる価格が異なることも知っておかなければなりません。 遺産整理における不動産評価がわからない場合は、土地は路線価、建物は固定資産税評価額を基準にして、取引事例を参考に決めていくと良いでしょう。



公開日:
最終更新日:2018年3月29日

ページ上部へ戻る