足立区で遺産整理する際の有価証券について

有価証券の相続

有価証券の相続

足立区で遺産整理をする際に、相続問題が発生する恐れがあります。
これから足立区で遺産整理をする人は、株式などの有価証券の相続について知っておきましょう。
実際に、足立区で遺産整理をしている途中に有価証券が発見され、どのように相続すれば良いかわからない人もいるのではないでしょうか。
近年、投資に関する知識や関心が高まっており、株式などの有価証券を保有している人が多いです。
基本的には、銀行などの手続きと同じ流れですが、証券会社を通して管理している場合には、手続きの仕方が異なってくるでしょう。
まずは、証券会社に連絡してください。
取引していたかどうかは、証券会社、信託銀行などからの郵便物、通帳の履歴で推測できるはずです。
証券会社や信託銀行から送られてきた書類を確認し、取引残高報告書、または評価証明書を発行するよう請求してください。
この書類は、被相続人がどの株式をどれくらい保有しているかが記載されている明細書です。
相続人が請求することができます。

株式の売却について

株式の売却について
被相続人が保有していた株式を売却するには、一度、相続人名義の管理口座をつくり、被相続人名義の口座に存在する株式を相続人の口座に移管する手続きをしなければなりません。
相続人が2人以上いる場合は、同意書や遺産分割協議書が必要です。
注意しなければならないことは、株式を売却すると税金が発生することです。
すぐに株式を売却したいと考えている相続人も少なくありませんが、相続する額が少なくなるということを理解し、遺産分割協議の際に相続人同士で話し合うことをおすすめします。
証券会社の手続きには、共同相続人同意書、遺産分割協議書、所定の相続届への相続人すべての署名、捺印、印鑑証明書、戸籍謄本が必要です。
必要な書類、著名、捺印が必要な書類を把握しておくと、手続きがスムーズに進みます。
証券会社を通していない会社の株式などの有価証券がある場合は、会社名を明らかにして有価証券を発行している会社に手続き方法を確認してください。
被相続人自らが経営していた会社の株式を保有していた場合には、会社関係者と連絡を取りましょう。



公開日:
最終更新日:2018年3月29日

ページ上部へ戻る