足立区の不動産を遺産整理するには

遺産整理における不要な不動産

遺産整理における不要な不動産

遺産整理は、不動産などの処分や相続手続きも遺産整理のひとつです。

足立区に住んでいる人の中には、故人が残した不動産が税金だけかかってしまい、処分したい物件を抱えている人もいるのではないでしょうか。

足立区にある不要な不動産の処分は、解決が困難な問題だとされており、今や社会問題となっています。

不要な不動産は足立区に寄付したら良いと考えている人も少なくありません。

しかし、遺産整理で要らないと判断した不動産は、売れない不動産と言えるでしょう。

売れない不動産は足立区にとっても不要です。

現金であれば、受け付けてもらえる可能性がありますが、足立区が要らないと判断した不動産は、寄付であっても受け付けてくれません。

中には、寄付として不要な不動産を受け付けてくれることもありますが、利用価値がなく、お金にならない価値の不動産の寄付は難しいでしょう。

相続放棄で不要な不動産を手放す?

相続放棄で不要な不動産を手放す?
遺産整理を行うためには、何が遺産として認められるのかを知っていなければいけません。
遺産整理で不要な不動産は、相続放棄で手放しましょう。

相続人全員が相続を放棄すれば、所有者がいなくなるため、国庫に帰属することになります。

注意しなければならない点は、相続放棄をしたからといって、自動的に国庫に帰属するわけではないということです。

相続放棄した不動産の所有者名義は被相続人名義であり、国の名義になるわけではありません。
固定資産税の支払いは必要ありませんが、管理責任は次の管理者が出てくるまで、相続放棄した相続人が管理します。

管理せず、放置していると損害賠償責任や刑事責任に問われる可能性があるでしょう。

管理責任を負う相続人は、相続財産管理人を裁判所に選任してもらうよう申し立てを行うと、管理責任を引き継ぐことができます。

相続財産管理人の選任してもらうためには、数十万円から百万円程度の予納金などの費用がかかるため、見送られるケースも少なくありません。

自分だけ不動産問題から逃げることは難しいです。

また、相続人が多ければ話し合いも手続きも簡単には行えません。

相続人全員との話し合いで解決しない問題は、司法書士に相談してみてはいかがでしょうか。


公開日:
最終更新日:2018年2月5日

ページ上部へ戻る