足立区の遺産整理による香典について

香典は遺産になるのか

香典は遺産になるのか

足立区でも家族や親族が亡くなり、予期せぬ訃報に慌しく葬儀を行い、遺産整理を行わなければいけない人もいるでしょう。
遺産整理は、故人が残した財産を相続人が遺産分割や処分を行うことです。
遺産整理では、はじめに遺産として認められるものの区別を行いますが、法律上の分け方と、税制上の分け方が異なります。
税法の知識がない相続人同士が遺産整理を行うと、後の相続トラブルになる可能性もあるのです。
遺産整理を行う前に、相続の知識を持つことが大切になります。
葬儀の際に参列者からいただいた香典は、遺産の対象になるのでしょうか。
香典は法的にも、税的にも喪主に贈与されたものとされています。
遺産として含める必要はなく、遺産分割の対象にもなりません。
基本的には、いただいた香典を葬儀代や香典返しの費用に費やしますが、それらの費用を差し引いて残った香典は、喪主のものになります。
反対に、葬儀代がいただいた香典より上回った場合に、誰が費用を負担するのかは、はっきりとした取り決めがないのが現状です。
不足分を喪主が負担するケースや、遺産から捻出するケースなど様々あり、相続人同士の判断で決定します。

遺産整理は相続の知識が必要

遺産整理は相続の知識が必要
遺産整理を行うためには、何が遺産として認められるのかを知っていなければいけません。
しかし、遺産の捉え方は法律や税金によって違うので、判断するのが難しいでしょう。
間違った遺産分割をしてしまうと、後に相続トラブルに発展してしまう可能性もあるのです。
相続人同士の話し合いで遺産生理を行う場合もありますが、トラブルにならないようにするためには、専門家の協力を得て、正しい遺産整理をした方が良いでしょう。
亡くなった当初は、片付けや手続きに追われ、曖昧な遺産整理が行われがちです。
口約束などで決めた遺産分割は、相続人同士で認識が異なることも多く、注意が必要です。
遺産整理をするときには、相続人全員で行い、公正証書に残しておくことが、トラブルを防ぐ方法になります。
相続を放棄する場合には、期限が決められているので、遺産整理の前に放棄の手続きがひつようです。
足立区の専門業者では、司法書士が法的に遺産整理を行い、相続放棄の手続きも行います。


公開日:
最終更新日:2018年1月12日

ページ上部へ戻る