足立区で相続放棄の際に行う遺産整理の注意点とは

相続放棄は遺産整理より先に手続き

足立区で株式も相続できる
家族が亡くなったときには、相続が発生しますが、相続は故人が残したプラス財産もマイナス財産も受け継ぐことになります。
マイナス財産は、亡くなった後に分かることもあるでしょう。
足立区でも同様ですが、知らずに相続してしまうことによって、負の遺産も財産として扱われてしまいます。
そのような時には、手続きとして相続放棄を検討する人もいます。
相続放棄とは、相続人が相続した全ての財産を放棄する手続きをする事です。
相続放棄した相続人には、プラスの財産もマイナスの財産も全ての権利を失います。
相続人が複数名いる場合には、それぞれの相続人が手続きを行う必要があるのです。相続人の一人が相続放棄を行ったとしても、他の相続人がいる場合には、負の財産がなくなる訳ではありません。
相続放棄を検討している人は、遺産整理することによって、相続人とされてしまうケースがあるので、注意が必要です。
故人の状況によっては、大きなトラブルになることも珍しくありません。
大切なことは、遺産整理前に相続放棄をするということです。
賃貸住宅などで、焦って遺産整理をしたときに、相続人の財産の一部を処分することもあるため、相続したとして足立区でも判断されることになってしまいます。
一切禁止されているわけではないため、相続に影響しない範囲で財産を処分すれば問題はありませんが、相続放棄をする場合には慎重に行うと良いでしょう。

手続きは相続を知って3ヶ月以内に

足立区で株式も相続できる
相続放棄を考えている場合には、急いで遺産整理をしない方が良いでしょう。
遺産整理をする場合に、相続したとされてしまうことがあるからです。
しかし、遺産整理をしても相続したと見なされない物もあります。
例えば、市場価値のないものです。
思い出の写真やアルバムなどの遺品は、整理しても相続的には問題ありません。
足立区でも問題になりやすいのは、価値のあるものを買取業者に処分させてしまうことです。
相続放棄する場合には、財産の相続の開始があったことを知った日から3カ月以内でなければいけません。
これを超えると、相続する意思があると判断されてしまいます。
例外もあり、突然借金があることがわかったような場合には、認められることもありますが、相続放棄をする場合には、早めの手続きが重要です。


公開日:
最終更新日:2018年1月12日

ページ上部へ戻る