足立区の遺産整理で株式はどうするのか

足立区で株式も相続できる

足立区で株式も相続できる
足立区の人が亡くなり、遺産整理するときに株式を所有しているとなると、相続ができます。
その場合は、名義変更などをしないとなりません。
しかし相続人が複数いる場合は、他の遺産と同じように、どのような割合で分配するかを協議し決定し、遺産分割協議書を作成、遺産整理することになります。
株式の遺産整理であっても、行い方は他の遺産と手続きの流れは変わりません。
証券会社に口座があり、投資信託の商品などもある場合もあるため複雑です。
また、足立区で遺産整理する場合であっても、流れと手続きに必要なものを把握していれば、それほど難しいことはありません。
銀行口座と違い、口座解約と同時に名義変更などは出来ないので、少し手続きは複雑です。

足立区で株式の相続手続き方法

足立区で株式の相続手続き方法
足立区の方の株式の相続手続きでも、口座によって違ってきます。
まずは特別口座であれば、特別口座開設請求書にて相続する人の口座を開設し、その後亡くなった方の特別口座の株式を振り替えます。
一般口座であれば、口座振替申請書によって、相続人の口座の振替が可能です。
株式の口座は、本人確認書類などの提出が必要であり、住所の分かる公共料金の明細なども提出しないとならないので、少し大変です。
上場されていない株式を、足立区の方が持っていた場合は、手続きはその株式の各会社に対して、名義書換請求を行ないます。
上場していない場合は電子化されていないので、直接的に手続きを行ないます。
ただ株式の遺産整理となると、初めて行なう人がほとんどでしょう。
そのために、まずは足立区のその故人が亡くなった後に、対象の証券会社などに連絡し、相続手続き関連の書類を送ってもらうと同時に、手続きの流れを聞いて行ない方を把握しておくと良いでしょう。
口座での株式移動となるので、手続きの仕方さえ覚えてしまえば、それほど難しいことはありません。
しかし手続きに不安、時間がないという人は足立区にある司法書士に依頼して代行してもらうことがおすすめです。


公開日:
最終更新日:2017年12月22日

ページ上部へ戻る