足立区で預貯金の遺産整理とは

遺産相続の手続きとは

遺産相続の手続きとは
遺産相続の手続きとは、相続人を決めることであり、一連の決まった流れがあります。
まずは足立区の故人の戸籍謄本、住民票、印鑑証明書、預貯金の残高証明書を用意し、相続人に相続財産を確定してもらうことが重要です。
相続人が複数いる場合は、遺産分割協議書を作成し、分配金額を決めましょう。
そして書類に従い、株式や預貯金口座の名義変更を行ないます。
最後に保険金の請求、年金手続き、所得税や相続税の申告を行ない終了です。
しかし、このような遺産整理の手続きを行なうには、専門の知識が必要です。
実際に遺族が行なうとなると、手続きには必要な書類を調べて、役所や金融機関に何度か足を運び、必要な書類を作成し提出、または取り寄せることになります。
さらには税の申告期限は決まっており、期限を過ぎると軽減措置を受けられません。
そのため、足立区の遺産整理であれば、足立区などにある司法事務所に依頼するのがおすすめです。
依頼することによって、遺産整理の手続きに関わる書類作成から提出などを代行してくれます。

預貯金の遺産整理とは

預貯金の遺産整理とは
例えば、足立区にいる故人が亡くなった場合でも、多くの人間には預貯金があり、銀行口座を持っており、残高があります。
この預貯金を遺産整理して相続するとなると少し大変です。
また、故人の遺族であることを銀行に出向き証明しても、故人の預貯金を受け取ることは出来ません。
預貯金とは財産のある口座であり、必要な手続きを踏まないと、本人以外には払い出しはされないのです。
まずは、相続人全員が同意し、解約払い出しか名義変更のどちらかを選択し、手続きを行なわないとなりません。
解約払い出しであれば、必要書類提出から遅くても10日程度で、指定口座に振り込まれ、故人の口座は解約されます。
また名義変更を行なうならば、相続人名義にして継続して利用が可能です。
どちらの場合にしても、足立区のその故人に関する書類などをいくつか用意しないとならないので、すぐというわけにはいきません。


公開日:
最終更新日:2017年12月22日

ページ上部へ戻る