足立区で遺産整理を行う期間について

遺産整理にまつわる期限

遺産整理にまつわる期限
遺産相続は、遺品整理を進め、一体何がどのぐらいあるのか、価値などを考えて行動しなければなりません。
借金などのマイナスとなる資産が大きい場合には、足立区でも相続放棄も考える必要があるでしょう。
相続というと、不動産や現金などプラスばかりだと思ってしまいますが、全てがそうではありません。
足立区で相続放棄をする際には、期間が定められています。
例外も存在しますが、3ヶ月という期間のうちに行動しなかった場合、期限が切れてしまうのです。
そのため、機嫌を確認しておく必要があります。
相続放棄ができる期間の基準は、法律上では、故人の遺産や負債の存在を知った日から期限が決められます。
また、相続財産があることを知らなかった正当な理由があれば期間には含まれません。
しかし、被相続人宅に債権者から督促の郵便物が届いているにも関わらず、3ヶ月間、確認していなかったという場合は、相続放棄が認められない恐れがあります。 そのため、なるべく早く確認したほうが良いでしょう。

遺産整理の期間を知る

遺産整理の期間を知る
期間が定められており、期限内に行動しなければならないのは、遺産放棄だけではありません。
遺産整理に伴い、所得税の申請は4ヶ月という期限が定められています。
この期間内に行わなければ、本来支払わなくても良い税金を支払うことになるでしょう。
軽減措置においても、10ヶ月以内に申告をすることが必要になり、この期限を過ぎると受けられなくなります。
遺産整理ということでは、意外と期間が長いと感じるかもしれません。
しかし、期限を過ぎてしまうと、借金を抱えることになるなどの問題となってしまう問題も出てきます。
また、相続財産が複雑な場合や相続人が多数いる場合など様々な理由で延長をしたいと考えることもあるでしょう。
何か事情がある場合には、遺産相続の期間を延長することができます。
必ず延長できるというわけではないため、事前に確認しましょう。


公開日:
最終更新日:2017年11月11日

ページ上部へ戻る