足立区の遺産整理による相続財産の見積もりを行うには

遺産整理で相続財産の見積もりを

遺産整理で相続財産の見積もりを

遺産相続の際には、相続財産を把握してからどう整理するのかということを選択することができます。
全体を把握したのちに、相続するかどうかを考える必要があるでしょう。
遺産といっても、全てがプラスになるものばかりではありません。
見積もりを行わなかった場合、大きな借金を背負ってしまう恐れもあるため、遺産整理を行い、見積もりを取る必要があるのです。
足立区でも見積もりに出てくるプラスの財産というと、最も簡単なものとしては現金が挙げられます。
預金も現金といえますが、残高証明を請求することではっきりとわかります。
亡くなっている場合には、口座の凍結などの措置も必要です。
不動産もプラスの財産ではありますが、見積もりを出すことによってある程度の評価額を把握することができるでしょう。
不動産は、正確に価値の見積もりを取るためには、不動産鑑定士に評価をだしてもらう必要があります。

相続財産で借金のようなマイナスは相続放棄を

相続財産で借金のようなマイナスは相続放棄を

遺産整理をした上ではっきりとわかるのが、マイナスの財産です。
亡くなった後からわかることもありますが、遺産整理を行い、見積もりを取ることで借金があったことを初めて知るケースも珍しくありません。
故人が知らずに、土地や建物を購入していたということもあるため、単純に借金ということで考えることができないケースもあります。
足立区のような土地を考えると、高額な取引になるため、正確に見積もり把握しておかなければなりません。
相続財産を洗い出した結果、見積もりによってマイナスになる場合には、相続放棄を考えておきましょう。
遺産整理してマイナスが軽微な場合には、大きな問題にならないこともあります。
しかし、大きな借金を抱えるような場合には、相続放棄することによって、借金を背負う必要がなくなります。
その際、相続財産を見積もりしておかなければ判断できないこともあるため、相続放棄ということも視野に入れるためには、足立区でも信頼できるところに依頼しましょう。


公開日:
最終更新日:2017年11月27日

ページ上部へ戻る