足立区の相続登記に必要な書類とは

注意点

注意点
足立区の相続登記は土地の所有権を主張する上で必ず行っていたほうが良いものです。
もし家族の誰かが亡くなった際に足立区の土地を譲り受ける場合、相続登記に効果のある遺言書をあらかじめ作成しておくとよいでしょう。
しかし、足立区でスムーズに相続をするために忘れてはいけないのが、遺言書内に不動産が特定できる記載があるということが条件です。
もしも遺言書の書類内の情報では、不動産が特定できないようであればそれは相続登記に使うことができません。
こうした遺言書が残っている場合、遺言書がない場合に比べて相続登記の際の添付する書類の量がずっと少なく収めることができます。
そのためとてもスムーズに相続登記ができることでしょう。
関係する家族のスムーズな手続きの上でも非常に役にたつといえます。
被相続人、つまり遺言者の作成する書類として、死後に利用することのできる遺言書とは、法的な権利を持つ特別なものでなければならないのです。

不動産を特定するとは?

不動産を特定するとは?
書類の表記の仕方としてもはっきりと不動産の特定ができなければならず、例えば足立区にある別荘という表記だけでは厳密な所在がわからずしっかりと特定することができないため、被相続人は厳密な所在をしっかりと記載する必要があります。
こうした点の記載がなければ、足立区で相続登記を行うために使うことができない書類となり、スムーズな相続とはいかないでしょう。
そのため被相続人が亡くなった後に、相続登記の問題が出てくる場合、被相続人の生前の遺言書類作成の段階で、その書類の内容をよくチェックしておくと良いでしょう。
一番確実な書類の記載の仕方としては不動産の登記事項証明書通りに所在地番を記載する方法です。
こうした事柄が記載されていれば、そのまま相続登記の書類として使うことができ、被相続人が残すこの書類の有無によって、非常にスムーズに手続きができるできないかが決まるといえます。


公開日:
最終更新日:2017年11月2日

ページ上部へ戻る