足立区で遺産整理の際に財産目録を作成する

足立区で遺産整理をする際には

足立区で遺産整理をする際には
足立区に住んでいる両親などの身内が亡くなった場合、遺産整理をすることになります。
遺産整理の際には、財産目録を作成することをおすすめします。
財産目録の作成は、必ずしなければならないというわけではありませんが、財産目録を作成するメリットがあるのです。
例えば、相続する財産を把握することができるようになるため、相続税のシミュレーションができたり、遺産分割協議に役立ったり、話し合いがスムーズになるなどが挙げられます。
足立区に住んでいない人や、相続人がそれぞれ別の場所に住んでいると、遺産分割協議の話し合いをするために何度も集まることが難しいため、一度の遺産分割協議で済ませたいものです。
しかし、話し合いをするにあたって必要な相続財産の情報が整っていなければ、スムーズに話し合いを進めることができません。
遺産整理の際に、財産目録を作成していれば遺産分割協議もスムーズに進むでしょう。

財産目録の記載について

財産目録の記載について
財産目録に記載する内容は、足立区に住んでいた被相続人が所有していた現預金や土地や家などの不動産関係、有価証券だけでなく、借金などの負債も記載します。
預貯金は、被相続人の居住地をできるだけ捜索して、見つかった通帳を確認してください。
通帳がない場合は、口座を調べます。
口座があることを内緒にしている人もいるため、しっかり調査しましょう。
借金などの負債も、わからない場合があります。
預貯金の調査後に、金融機関で残高証明書を発行してもらってください。
借入金残高を知ることができます。
しかし、中には見つけにくいものもあるでしょう。
書類やメールなどの調査も必要です。
プラスになる財産より負債が多い場合は、相続放棄をした方がいいこともあります。
自分の都合に合わせて、記載する内容を省いてしまうと、相続税のシミュレーションに誤差が生まれ、遺産分割協議でトラブルが起きるでしょう。
そのため、財産目録にはすべて記載するようにしてください。
財産目録は必ず作成しなければならないといった決まりがないため、書き方も自由です。
財産目録を利用する人が内容をしっかり理解できるように作成しましょう。


公開日:
最終更新日:2017年11月2日

ページ上部へ戻る