相続放棄に必要な書類について

相続放棄をする際に必要になる書類とは?

相続放棄をする際に必要になる書類とは? 一般的には被相続人が亡くなると、相続人は財産を譲り受けることになります。
ただし相続をしたことによって不利益を被ることも実は少なくありません。
例えば大きな借金まで相続することもあるので、そうなれば一気に大変な事態になってしまうことは火を見るより明らかでしょう。
そういった事態を防ぐため、被相続人を守るための制度が相続放棄ですが、法律、家庭裁判所がかかわる事柄ですのでいろいろと書類を用意しなくてはいけません。
一般的には相続放棄の申述書、そして相続人(申述する本人)の戸籍謄本、そのうえ被相続人の住民票の除票などが必要になります。
少し分かりづらいかもしれませんが、そういった際には新日本司法書士事務所にご相談ください。

相続放棄の際に必要になる書類に関してもプロに相談したい

相続放棄の際に必要になる書類に関してもプロに相談したい 上記した書類の他にも、ケースバイケースで必要になってくる書類は異なります。
それらは基本的に管轄の役所などでとることができる書類ですが、被相続人に関する書類は自分自身のもの以上に取得に時間がかかることもあります。
期間が定められていることもあり、できるだけ早めに行動を起こすことが重要でしょう。
どうしても相続放棄をする際には、書類についてやそれ以外のことで悩みがちですが、そんな時にはプロに相談することをおすすめします。相続放棄は一度失敗すると
やり直すことができません。相続というのは一生を左右する大きなことですし、相続放棄ができなかったことが原因で大変な思いをすることもありますので、新日本司法書士事務所にご依頼ください。
面倒な相続放棄に関することで困ることもなくなるでしょう。


公開日:
最終更新日:2017年8月17日

ページ上部へ戻る