相続登記の豆知識

相続登記をする際に、まずは確認するのは「登記簿」です。それによって亡くなった人と、遺産である物件の所有者の表示が一致しているかどうかを確認します。具体的には登記簿上の所有者の「住所」と「氏名」を確認します。

これらの表示と、亡くなった方の最後の「住所」「氏名」が一致していない場合は、相続登記の際に、一般的に必要な「住民票除票」だけではなく、登記簿上の表示とのつながりを示す戸籍の付票等が必要になってきます。少し手間がかかりますが、先々の遺産相続や不動産売却などを考えた場合、相続登記は必ずしておくべき手続きです。


公開日:
最終更新日:2019年4月29日

最新解決事例

ページ上部へ戻る