遺産分割の基準時

兄妹3人で親の遺産を分割をするのに一体いつの時点の遺産を 分割するのか?という問題があります。これは相続開始時、つまり 親が死去したその日時においての遺産、ということになります。 例えば死去時に3,000万円の現金があったとして、その後すぐに長男が 私用で500万円使ったとすれば、あくまで3,000万円を3人で分割した 1,000万円ずつの権利があるということになります。 長男は既に500万円を消費しているので実質的に相続できるのはあと 500万円ということになりますね。 ちなみに葬儀費用は常識的な金額であれば、全体から差し引いて 分割することが可能です。

公開日:
最終更新日:2018年2月17日

ページ上部へ戻る