相続対策あれこれ

まずはトラブルを防止する 

相続の対策は数多く存在しますが、中でも生前贈与・遺言は有効です。まずはトラブルを防止するために何をしたらいいでしょうか? 

詳しくは、まずはトラブルを防止するをご覧ください。

 

相続税の納税資金の考慮

相続対策として「財産評価額を下げる対策」も必要ですが「納税資金準備対策」も忘れてはいけません。相続人が相続税の納付で困らないために、まずは納税資金準備対策をしましょう。 

詳しくは、相続税の納税資金の考慮をご覧ください。

 

生前贈与を利用する相続税対策

生前贈与は正しく行えば、有効な相続税の節税対策となります。ただし、やり方を間違えると節税効果を発揮しないばかりか、相続争いの火種にもなりかねません。専門家の協力のもとに行うのが望ましいでしょう。

詳しくは、生前贈与を利用する相続税対策をご覧ください。

 

生命保険を利用する相続税対策

相続税は金銭で一括納付をすることが原則になっています。 

不動産やその他の動産で納付すること(物納)は条件付きとなりますし、物納はなかなか認めてもらえないのが実情です。

そういったときに、よく対策として使われるのが「終身保険」です。保障が一生続くため、死亡時に必ず保険金が受け取れ、現金が手元に残るのです。 

詳しくは、生命保険を利用する相続税対策をご覧下さい。


公開日:
最終更新日:2019年5月25日

最新解決事例

ページ上部へ戻る