相続不動産の境界問題

相続では、相続財産である不動産の境界が原因でトラブルになることがあります。 

公図や登記上では、しっかりと境界があったとしても、実際に現地を見てみると、土地と土地の境界が全く違うこともあります。 

隣の不動産が侵食していたり、境界石が崩れていて境界がはっきりしないなどの場合がありますから注意が必要です。 

境界がはっきりしない場合の対処法

そんなときは以下のような方法があります。 

・筆界特定制度を利用する
・裁判所に境界確定の訴えを起こす
・裁判外の調停を利用する。

当窓口は土地家屋調査士とも協力してワンストップサービスを実現しております。境界問題で困ったことが生じた場合は、当窓口にご相談ください。


公開日:
最終更新日:2019年4月24日

最新解決事例

ページ上部へ戻る