相続時の不動産問題

相続時における不動産問題は評価から境界の問題まで様々なものが発生します。
ここでは、それらの問題に加えて、上手な売却方法などについて解説していきます。 

相続不動産の相続方法

亡くなった方が自己名義の不動産を持っていた場合、その不動産は当然に相続人に相続されます。どの相続人がどのくらい相続するかは、遺言、遺産分割協議の有無などによって変わります。また、そのままでは相続されたことが第三者にはわかりませんので相続の登記をする必要があります。

詳しくは相続不動産の相続方法をご覧ください。

相続不動産の評価方法

相続税の金額に最も大きな影響を与えるのが不動産です。

通常、相続税については税理士が算定する場合が多いですが、なかには、相続税申告に慣れていない税理士もいて、不動産の評価が適正ではないこともあるのです。 

相続財産に不動産が多く含まれていたり、高額な不動産が含まれる場合には、当窓口に相談されることをお勧めいたします。 

詳しくは、相続不動産の評価方法をご覧ください。

 

相続不動産の評価を下げる方法

相続税対策として、相続不動産の評価を減らすことは大きな節税効果があります。 

詳しくは、相続不動産の評価を減らす方法をご覧ください。

 

相続不動産の境界問題

相続する土地について、隣地との境界でトラブルに発展するケースもあります。当窓口にご相談ください。

詳しくは、相続不動産の境界問題をご覧ください。

 

相続不動産の売却

相続した不動産を売却するなんて!と思われた方もいらっしゃるかと思います。

しかし、実は相続した後は、不動産売却のチャンスです。気になる方はご検討されてはいかがと思います。 
不動産の売却による名義変更も当窓口にご相談ください。

詳しくは、相続不動産を上手に売却ご覧ください。


公開日:
最終更新日:2018年3月22日

ページ上部へ戻る