足立区の遺産整理における不動産売却について

不動産の売却はトラブルが発生しやすい

不動産の売却はトラブルが発生しやすい

足立区で身内が亡くなった際に遺産整理を行います。
足立区で遺産整理を行う際に、相続した不動産を売却することもあるでしょう。
また、遺産整理時には話が進まなかったなど、不動産の処分方法に悩んでいる人もいるのではないでしょうか。
不動産の中でも、マイホームの売却には様々な問題があります。
足立区にあるマイホームに親族が住んでいるため、売却したくても売却できない人、自分が住んでいるのに他の相続人から売却して現金化して欲しいと言われているなど、様々です。
足立区ではなく遠方に住んでおり、相続した不動産の管理に困っている人もいるはずです。
遺産整理時に処分の話が決まらず、放置している場合は、損をしてしまう恐れがあるため、注意してください。
不動産を放置していると、築年数が増えるほど資産価値が下がるのです。
さらに、使用していない不動産を保有していると、毎年の固定資産税も払い続けなければならず、無駄なお金がかかります。
そのため、できるだけ早い段階で相続した不動産を売却した方が良いでしょう。


代表相続人を決めよう

代表相続人を決めよう

相続した不動産に他の相続人が住んでおり、売却したくても売却できないといったトラブルは、不動産売却の中でも最も多いトラブルです。
相続人となる人は高齢者が多い傾向にあり、できれば売却せずにそのまま家で住んでいたいと考える人が多くいます。
しかし、他の相続人は自分たちの相続分が欲しいと思うため、現金化を望むでしょう。
双方の希望が相反するため、解決せずに長年放置されてしまいます。
この場合は、相続人のために寄与分を与え、引っ越し費用や転居費用など多めに金銭を渡して売却の同意を得て、売却の手続きを進めていく必要があるでしょう。
不動産は所有者が亡くなった日から、相続人全員の共有不動産となります。
相続人全員で売却手続きを進めることは難しいため、遺産整理時に代表相続人を決めて、その人に不動産売却の手続きを任せるとスムーズです。
代表相続人を決める際は、相続人の中で最も信頼できる人を選ぶ必要があります。
不動産の相続は、様々なトラブルが発生するため、司法書士などの専門家に相談することをおすすめします。



公開日:
最終更新日:2018年6月4日

ページ上部へ戻る