足立区の遺産整理で空き家の処分の方法とは

遺産整理の際に相続した空き家について

遺産整理の際に相続した空き家について

足立区にも空き家がたくさんあります。
足立区の空き家の取り組みに関して、平成27年2月に「空き家等対策の推進に関する特別措置法」が施行されました。
空き家が足立区住民の生活環境に引きおこす問題は、所有者等の適切な管理によって未然に防ぐことができます。
中には、空き家を相続する人もいるでしょう。
遺産整理の際に、使用しない空き家を相続した場合には処分方法を考えなければなりません。
遺産整理で相続人の負担を減らすために、事前に処分できれば問題ありませんが、手がつけられないこともあるはずです。
その場合は、法定相続人が遺産整理時に責任を持って、空き家を処分しましょう。
空き家を相続した後に処分しないまま放置していると、空き家が原因で事故が発生し、賠償金が請求されるケースがあります。
空き家の管理者責任がある以上、賠償金の請求は免れられないのです。
トラブルが発生する前に、正しい空き家の処分方法を知っておきましょう。


空き家の処分方法

空き家の処分方法

空き家の処分方法の一つは、解体です。
足立区であれば、駐車場にすることで収入を得ることができるかもしれません。
しかし、空き家を駐車場にするためには200万円程度かかるのです。
また、空き家を売却する方法もあります。
足立区では売れないというイメージを持っている人がいるかもしれませんが、それは希望した金額で売却することができないだけです。
タダ同然の金額であれば、空き家を回収して安く貸し出そうと購入する人がいます。
足立区は長い間放置されてきた空き家もリノベーションやリフォームなど手を加えて、新たな利用価値を持たせる促進対策を取っています。
住宅から店舗などの用途に変えることもできるため、売却を処分方法として検討してみてはいかがでしょうか。
建物自体が古く、再利用することができないようであれば取り壊しましょう。
更地にして新しく建築することや、土地を売却することが考えられます。
このように、空き家は様々な方法で処分することができるのです。
手がつけられないからといって放置するのではなく、処分方法を遺産整理のときに考えてみてはいかがでしょうか。



公開日:
最終更新日:2018年5月15日

ページ上部へ戻る