足立区で疎遠になった親族と遺産整理をするには

問題を整理した上で遺産整理を行おう

問題を整理した上で遺産整理を行おう

親族が近くに住んでいれば、遺産整理も比較的スムーズに進めることができます。
足立区に実家があり、親族も足立区に住んでいる場合は、遺産整理の時間がつくりやすいでしょう。
しかし、足立区に住んでいない親族や、疎遠になっている場合もあるのではないでしょうか。
親族が疎遠になる原因は様々ありますが、例えば親の介護で揉めてしまうなどです。
喧嘩や揉め事が発生すると、親交があった親族も疎遠になってしまう可能性があります。
しかし、被相続人が亡くなったあとは、遺産整理や遺産分割協議などの作業、手続きをしなくてはなりません。
法定相続人が一人であれば問題ありませんが、複数いる場合は話し合って進めなければならないため、遺産整理もスムーズにいかなくなります。
法律上の問題もあるため、問題を整理した上で遺産整理の協力を求めていくのが理想です。


疎遠になった親族と遺産整理をしなければならないときは

疎遠になった親族と遺産整理をしなければならないときは

疎遠になった親族と遺産整理をしなければならないときは、司法書士に相談するという方法があります。
日頃から関係の薄かった親族が、遺産整理や遺産分割をする段階で権利を強く主張してくることも少なくありません。
疎遠な親族との関係に悩んでいる人は多いのです。
司法書士に依頼すると依頼費はかかりますが、遺産整理や遺産分割でトラブルが発生し、裁判沙汰になる方が、依頼費よりも高額な費用がかかります。
このようなケースが考えられるときには、司法書士のような専門家に相談するという選択は現実的と言えるのではないでしょうか。
遺産整理や遺産分割協議は、法定相続人全員で行わなければ無効となります。
中には、亡くなってから知らなかった法定相続人の存在を知ることもあるでしょう。
全く見ず知らずの相続人の戸籍収集を行う必要がありますが、個人情報保護法の観点から取得の請求ができる権利者が厳しく定められています。
想像もしていないトラブルが発生する可能性があるため、司法書士などの専門家に相談することをおすすめします。



公開日:
最終更新日:2018年5月15日

ページ上部へ戻る