足立区で遺産整理の際に知っておきたいトラブルとは

遺産整理におけるトラブルについて

遺産整理におけるトラブルについて

足立区で遺産整理をする場合は、よく発生するトラブルについて知っておきましょう。
どのようなトラブルが発生するのかを知っておくことで、解決しやすくなります。
足立区における遺産整理のトラブルは主に2つあります。
1つは、相続税の申告や納税に関するトラブル、もう1つは相続人同士のトラブルです。
相続税の申告に関連したトラブルで最も多いのは、被相続人が生前に配偶者や子供たちの名義で口座をつくり、自分のお金を入金している名義預金です。
被相続人以外の名義で預金すると、相続税がかからないと勘違いしている人も多いのではないでしょうか。
配偶者や子供たちと正しく贈与契約を結ばなければ被相続人本人の財産とみなされ、相続税の課税対象になるため注意してください。
被相続人名義の口座から少しずつお金を移す場合も、贈与契約書が必要です。
この場合も贈与契約を結ばなければ被相続人の財産とみなされます。v 税務調査では真っ先に名義預金を確認するため、申告漏れとして税務署が指摘されることも少なくありません。

分配が難しい財産はトラブルを招きやすい

分配が難しい財産はトラブルを招きやすい
税金以外にも遺産整理の際に相続同士で名義預金の額に差があることが発覚し、トラブルにつながることがあります。
相続におけるトラブルの原因になるのは、相続財産が分配しにくいことです。
現金があれば等分することや、不動産の分配の不公平を現金で補うことができ、様々な状況に対応することができます。
しかし、財産が不動産のみで、評価額が相続財産の大半を占める場合は、複数の相続人で平等に遺産を分配しなければなりません。
被相続人が不動産投資をしており、赤字が出ているようであれば、マイナスの財産を分配することができず、売却もできず悩ましい相続財産となるでしょう。
被相続人が遺言書を残しているケースも少なくありません。
しかし、有価証券や預貯金に関する指示がない遺言書が多く、遺産分割協議書をはじめから作り直さなければならない場合があります。
足立区で遺産整理に関してトラブルが発生したという人は専門家に相談してみてはいかがでしょうか。
相続税に関するトラブルや相続人同士のトラブルなどを解決します。



公開日:
最終更新日:2018年4月6日

ページ上部へ戻る