足立区の賃貸物件で被相続人が暮らしていた場合の遺産整理とは

賃貸物件の遺産整理について

賃貸物件の遺産整理について

被相続人が住んでいた賃貸物件は、遺品整理の際に形見分けをすると、相続放棄の効果がなくなってしまいます。

足立区の賃貸物件で被相続人が暮らしていた場合の遺産整理について正しい知識を身につけておきましょう。

相続放棄は、被相続人が借金をしている場合に、負債を相続しないために行います。

相続放棄すると、借金や住宅ローンの返済を放棄するだけでなく、プラスの財産も相続できなくなります。

遺品整理など、処分行為をすると相続を単純承認したとみなされるため、遺品の取り扱いには注意が必要です。

処分行為とは、足立区にある相続財産を売却したり、抵当権の設定、賃貸物件としたりすることで、相続放棄をしたい場合は勝手に処分することができません。

遺品整理の際に、自己判断で処分しないようにしましょう。

遺産整理で単純承認となる場合がある

遺産整理で単純承認となる場合がある
足立区の賃貸物件で被相続人が暮らしていた場合、賃貸契約を解除することになるでしょう。

遺産整理の際に相続放棄する場合は、賃貸人である地位も相続しないことになり、大家が賃貸借契約の解除をしてきても、相続人は受け取ることができません。

その場合、賃貸借契約を継承する人がいないということになるため、賃貸借契約そのものが終了することになります。

そこで、問題になってしまうのが、借りていた賃貸物件の残置物です。

大家から相続人に対して、残置物や家財道具の処分など遺品整理を求められますが、中には換価価値があるものが含まれている可能性があり、誤って処分してしまうと、相続財産に対する処分行為となり、単純承認が成立してしまう恐れがあります。

そのため、相続放棄を検討しているのであれば、遺品整理は処分せず、トランクルームなどを借りて保管するのが一番良いでしょう。

処分しなければならない場合は、相続財産管理人を選任し、家財道具の引き渡しをして管理してもらいます。

形見分けも同様に、単純承認にならないように行わなければなりませんが、被相続人が着用していた衣類や交換価値のない時計であれば、単純承認されません。

遺産整理の際に、単純承認にならないように司法書士などの専門家に相談すると安心です。



公開日:
最終更新日:2018年2月5日

ページ上部へ戻る