足立区の遺産整理の難しさとは

遺産整理の問題点とは

遺産整理の問題点とは

足立区でも家族や親族が亡くなると、遺族が残された遺産の相続や片付け、処分をします。
それを遺産整理と言いますが、様々な難しさがあります。
遺産と言っても様々あり、名義変更や処分に手続きが必要なものなど、時間と手間がかかるため、特に仕事で忙しい人や、遠方に住んでいる人は負担が大きいです。
しかし、アパートなどの賃貸物件に住んでいる場合は、家を明け渡す日までに作業を済ませておかなければなりません。
また、高齢者の中には、長期間の病状生活を送っていた人もいるでしょう。
そのようなケースでは、部屋の片づけが行き届いていないことも多く、家がゴミ屋敷のようになってしまっている場合もあります。
そんな中での遺産整理は、必要書類を探し出すことから始めなくてはいけません。
また、遺産整理を進める中で、遺族内でトラブルになることもあるのです。
遺産の中には、アクセサリー・宝石類・着物など高価なものは相続対象となるものもあるので、きちんと親族に伝えてから遺産整理を行う必要があります。
後々の、相続トラブルにならないように、話し合った上で遺産整理をするようにしましょう。
このような遺産整理の難しさから、費用をかけてでも業者に頼んで遺産整理を進めたいと考える人もいるでしょう。
業者に遺品整理を依頼する際にも、注意点があります。

遺産整理を業者に頼むときは

遺産整理を業者に頼むときは
なかなか遺産整理ができない場合は、専門業者に依頼するのも選択肢の一つです。
専門業者に依頼する上で、注意点を知っておきましょう。
遺産整理とは、司法書士事務所や信託銀行が被相続人の遺産の法的な相続処理を行います。
亡くなると相続が開始して、故人が生前持っていた財産は、相続人に引き継がれます。しかし、引き継がれるといっても、財産の名義が勝手に変わるわけではありません。
そのような法的な相続手続きを代行して行うのです。
遺産整理を業者に依頼すると、費用がかかるというだけではなく、遺産を相続したことになる場合があります。
相続放棄をする可能性がある人は、遺産整理を頼む前に手続きを行う必要があるので、注意が必要です。
遺品整理をするときには、相続人同士の話し合いで、方法や進め方、相続をどうするか、など事前に決めておくことで、スムーズな遺品整理ができるでしょう。


公開日:
最終更新日:2018年1月12日

ページ上部へ戻る