足立区の遺産整理における相続人調査とは

足立区で遺産整理を考えるときに

足立区で遺産整理を考えるときに
相続ということを考えた場合、様々な情報を集める必要があります。
その一つとして、遺産整理を行い、どの程度の遺産があるのかということを把握しましょう。
相続財産がマイナスになっているような場合には、借金を相続しないように足立区でも相続放棄を考える必要があるのです。
しかし、一体誰が相続するのか把握する必要があるため、相続人調査を行いましょう。
遺産分割に関しては、相続人が全員参加しなければなりません。
遺産整理では、全ての遺産の分け方を決めることになるため、相続人調査をして相続人をはっきりさせましょう。
足立区で遺産整理の際にマイナスの遺産となってしまうケースであっても、相続放棄を勝手に決めることはできません。
もしも、法定相続人となっている人間が一人でも欠けていれば、相続放棄とはいえ無効となってしまうのです。
そのため、足立区でも相続人調査は遺産整理のために重要な要件といえます。

遺産整理には戸籍の調査が必要になる

遺産整理には戸籍の調査が必要になる
相続人調査の方法は色々と挙げられますが、足立区でも戸籍によって判断することが一番といえるでしょう。
ただし、一つの戸籍では、相続人全員を把握することはできません。
離婚を繰り返しているケースや、転籍したケースもあるのではないでしょうか。
また、法改正によって新たに作られるケースも考えられるため、細かく戸籍から相続人調査を進めることが必要になります。
さらに、相続人には、前妻の子どもや認知した子どもがいる場合もあるため、相続放棄するとしても、相続人調査を行いましょう。
戸籍から相続人調査が終了した場合は、相続関係説明図を一覧として作成します。
遺産の名義変更をする場合にも必要になるため、遺産放棄をするとしても分割調停などが必要になります。
遺産整理を考える上では、重要な手続きになるので、相続放棄をする場合でも相続関係を証明するために、相続関係説明図は重要になるでしょう。


公開日:
最終更新日:2017年11月11日

ページ上部へ戻る