知って得する相続のお役立ち情報

「相続」と聞くとみなさんは、何を思い浮かべるでしょうか。
単に相続と言ってもその関連語句はとても多く、相続税、相続放棄、遺産分割、遺言書などがあります。
十分に理解するには専門的な知識が必要になってくるでしょう。
しかし、いざとなったときには、多額の財産や債務が関わってきます。
知らなかったからと言って、大きな損失を出してしまうのは、非常にもったいないです。
ここでは、知っておくと役に立つ知識や情報を紹介します。
さらに詳しく知りたいこと等がございましたら、プロである司法書士にご相談ください。

相続放棄は被相続人が持っている当然の権利で、自分を守る意味でも大切な手段です。これを行うための手続きは決して簡単ではありませんが、とても大切な制度となっています。

相続放棄というのは便宜的な制度で、最悪の事態を防ぐことができます。ですが申述書をはじめ、戸籍謄本などの書類を用意することになります。プロに相談することも重要です。

相続放棄は相続人を守るための正当な権利で、この権利の行使をしている人もたくさんいます。分かりづらい期間ですが、3か月となっています。ただし例外もあるので覚えておきたいです。

相続放棄の書き方は簡単とは言えません。重要な書類で期限も決められているので、できることならば間違いのないように新日本司法書士事務所にご相談ください。注意しなくてはいけない点があります。

相続放棄経験が豊富な人などほとんどいないので、手続きに困る方も多いかと思います。相続放棄でかかる費用は高くありませんが、難しい部分もあると思うので、プロに依頼することも重要です。

相続放棄は相続人を守るためのものですが、一見すると活用したほうがよさそうな場合でも、すべきではない場合もあります。専門家と相談をしてから、決断することが大切です。

相続人全員が相続放棄をすると、最終的には、国庫に入ることになります。清算事務を行うことになりますが、それに関するルールも設けられています。相続放棄は認められている権利です。

負の遺産を引き継がないためにも、限定承認の制度を使いたいです。限定承認があると、いざという時に助かり、何よりもプラス範囲内でしか、マイナス負担しなくて良いのは嬉しいです。

相続放棄が認められないこともありますが、それは背信行為をした際や、期間内に手続きを行わなかった際などです。法律でルール付けされていますが、例外もあるので注意が必要です。

被相続人のマイナス財産が、プラス財産よりも、圧倒的に多い際には、被相続人の生前から相続放棄をしたいと考える人もいますが、それはできません。民法にて期間が定められています。

亡くなった人が所有していた足立区にある不動産を相続する際には、相続登記をしなければなりません。相続人が複数いる場合は遺産分割協議書を添付しますが、不要な場合もあります。

亡くなった人から相続する土地が足立区にある場合、その土地の所有者の名義変更をしましょう。名義変更のことを相続登記といいますが、申請しなければ後々トラブルが発生する可能性があります。

不動産を相続すると相続登記の申請を行いますが、場合によっては第三者に任せることもあります。委任状に記す内容は委任者、受任者の名前、不動産に関する表記、依頼内容などです。

足立区だけではなくて各地で起こり得る未成年者が不動産を相続するというケースでは、親権者が法定代理人になって手続きを行うことが多いです。しかし司法書士に任せるのがベストです。

足立区に住んでいる両親などが亡くなった場合、遺産生理をするでしょう。その際に、財産目録を作成することをおすすめします。決まりはありませんが、財産目録を作成するメリットがあります。

法律で規定されている相続放棄できない場合というのは、遺産の一部でも相続してしまった場合や、価値のあるものを処分してしまった場合、手続きに不備があった場合なども放棄できなくなります。

被相続人名義の車を処分する際、財産的価値がない場合は処分をしても相続放棄ができなくなることはありません。ローンが残っている場合には財産相続管理人の選定の手続きをしましょう。

相続放棄とは何かというと、遺産の相続を一切放棄するという手続きを家庭裁判所で行うことです。放棄をした場合はプラスの遺産もマイナスの遺産も引き継ぐ権利を放棄するということになります。

相続放棄をしても生命保険を取得することが可能です。なぜなら、保険金は被相続人の財産ではなく、保険金受取人の固有の財産となるからです。ただし、税金の対象になります。

相続放棄後の財産管理においては、家屋の放置などが問題になっています。放棄後の自動車の処分や形見分けなどは資産価値によるものがあり、判断を誤ると法定単純承認となるので注意が必要です。

相続人は相続放棄したときの影響について知っておきましょう。相続放棄すると、最初から相続人ではなかったものとなり、借金などがあった場合に妻が相続放棄すると子どもが影響を受けます。

相続放棄の通知はないため、相続放棄をしたか知る方法を知っておきましょう。相続人は相続放棄の申述受理の有無についての照会をすることで、他の相続人が相続放棄したかを知ることができます。

3ヶ月経過した後でも相続放棄することができるケースもあります。相続人となり3ヶ月経過してしまったからといって、相続放棄を諦めるのではなく、申立てをしてみるといいでしょう。

亡くなった人の配偶者や子どもが相続放棄すると、元々相続人ではなかった被相続人が相続人となります。まずは、現時点で相続人となっている人が相続放棄をするのかを3ヶ月以内に決めましょう。

親族全員が相続放棄をして、債務を免れるためには相続放棄の申立てを何度かに分けて行う必要があります。相続人となる人の順番や相続放棄の順番について知っておきましょう。

足立区で相続登記を行うことで相続に関してトラブルとなるデメリットを避けることができますので、相続放棄をしない以上、相続に必要な手続きを放置はしないようにしましょう。

被相続人の準備する遺言書などの書類が充実していると、足立区の相続登記が非常にスムーズです。相続放棄をしない場合、被相続人の生前に、事前に準備しておくとよいでしょう。

被相続人が遺産分割のために遺言書を作成しておけば、足立区の相続登記がスムーズに行えるというメリットがあります。
生前に必要なことが記入された書類を作成しておきましょう。

足立区で土地や建物を相続させたいと思う場合、司法書士や行政書士に書類作成の相談をすることができます。
相続登記で裁判所に提出する書類作成ができるのは司法書士のみという違いがあります。

足立区の遺産分割の手続きをスムーズに行うためには、被相続人が遺言書の作成を行っていることが大切です。
相続登記の期限は決められてはいませんが、早めに行うほうが良いでしょう。

足立区で不動産相続をするために、必ずやらなければいけないのが相続登記。今回は手続きの前に確認しておきたい、足立区で相続登記を行う際にかかる費用の種類についてご紹介します。       

足立区の遺産分割の手続きをスムーズに行うためには、被相続人が遺言書の作成を行っていることが大切です。相続登記の期限は決められてはいませんが、早めに行うほうが良いでしょう。

足立区で不動産を所有する方が亡くなられた場合、相続人は遺産分割協議の末、相続登記を行います。しかし、この遺産分割協議を終えないうちに法定相続人が亡くなると、数次相続が発生します。

相続登記を行う際、相続をする物の登記上の所有者が被相続人と同一人物であることを証明する必要があります。足立区では被相続人の住所が異なっているときにどうすればいいのかご紹介します。

親族が一人しかいなかったり相続放棄が行われたりして法定相続人が一人の場合、足立区ではどのような書類が必要なのか、また、どのような流れで相続登記を行うのかをご紹介します。

足立区の相続登記を行うときは、登記事項証明書が必要です。登記事項証明書を取得する場合は、土地の地番や家屋番号が必要となり、宛名に書かれる住所とは違うので、注意が必要です。

足立区の相続登記も完了すると、登記識別情報が通知され、今後の不動産登記で必要となります。登記識別情報は12桁の英数字で構成されており、昔の登記済証の代わりとして使うこととなります。

足立区の相続登記を行う場合でも、固定資産評価証明書を取得して提出しないとなりません。固定資産評価証明書には税金を算出するための評価額がかかれており、これにより税金額がわかります。

足立区の不動産を相続して、相続登記を行う際に、相続人が複数いる場合、手続きをするのは相続人ですが、登記識別情報を受け取れるのは、登記申請人にしか通知されません。

足立区の相続登記であっても、相続の権利は胎児にも与えることはできます。例外的に胎児は生まれる前から認められており、もしも死産などとなれば、権利を放棄する所有権更正登記を行います。

足立区で遺産整理を考える場合、専門家に依頼しましょう。遺産には、プラスだけではなく借金などマイナスのものも含まれてくるため、遺産の価値を判断し、相続放棄の選択も必要になります。

遺産相続の際には、相続財産を把握してからどう整理するのかということを選択することができます。財産の全体を把握したのちに、相続するかどうかを考える必要があるでしょう。

遺産整理を足立区で考えているときにも、相続人調査が必要です。戸籍から探すこともできますが、相続放棄を考えている場合でも、全員参加の分割協議をするため、調査しなければなりません。

遺産整理では、様々なことに期間が定められており、その期限までに行動する必要があります。足立区でも相続放棄ができずに、大きな借金を抱えてしまう恐れがあるため、気をつけましょう。

遺産整理を足立区でも進めている段階で、空き家が問題になってしまうことがあります。トラブルになってしまうことも多い問題ですが、固定資産税の減免などもあるため、相談しましょう。

足立区で遺産整理を行った場合、遺産である不動産や金融資産を合わせた評価額の相場に応じて業務にかかった手数料は異なってきます。あまり資産がなくても業務を行えば費用を支払います。

足立区で遺産整理をして遺産相続を行う場合、相続人が一人であれば届出などは必要ありません。複数の人が相続の対象となっている場合にはいろいろな手続きが必要になってきます。

足立区の故人の遺産整理であっても、相続手続きとは大変で、必要書類を集めて相続人に相続させます。預貯金も相続するとなると、名義変更を行なうか、解約払い出しするかのどちらかです。

足立区の方でも、株式の遺産整理を行なうときは、口座での振替えを行ないます。相続手続きとしては、相続人の口座を開設し、故人の口座から株式を振り返るという流れになります。

海外在住の方で、足立区の故人の遺産整理を行ない相続するとなると、手続きに必要な書類があります。多くは領事館で取得できますが、戸籍謄本だけは本籍地で取得しないとなりません。

足立区でも負の財産があるときには、相続放棄を検討している人もいるでしょう。相続放棄の前に遺産整理をすると、相続をしたと認められてしまうことがあるので、相続放棄の手続きをしてから進めることが必要です。

足立区でも遺産整理が必要な人もいるでしょう。早期の遺産整理は、相続したと認められてしまうことがあります。遺産整理をするときにはポイントがあるので、知っておくと良いでしょう。
 

足立区でも家族や親族が亡くなると、遺族が残された遺産を相続し、片付けをします。それを遺品整理と言いますが、様々な難しさがあります。専門業者に依頼するのも選択肢の一つです。

足立区でも家族や親族が亡くなり、故人の遺産整理を行う人もいるでしょう。遺産整理をする前にみなし財産について知っておきましょう。遺産整理は専門的な知識が必要になります。

遺産整理は、故人が残した財産を相続して遺産分割や処分を行うことです。遺産整理を行う前に、相続の知識を持つことが大切になります。いただいた香典は、遺産の対象になるのでしょうか。

遺産整理で不要な不動産は、足立区に寄付することが難しいです。不要な不動産は相続放棄で手放すといいでしょう。しかし、管理責任が伴い、放棄しても相続人が管理しなければなりません。

足立区での遺産整理の際に、住宅ローンが残っていることが発覚することもあるでしょう。遺産整理は故人が残した物を片付けるだけでなく、相続の手続きもしなければなりません。

被相続人が住んでいた賃貸物件は、正しい遺品整理の方法で行わなければ、相続放棄の効果がなくなります。足立区の賃貸物件での遺産整理について正しい知識を身につけておきましょう。

足立区での遺産整理の際に、借地権で困ることがあります。相続するか、放棄するかは故人の生前から話し合うことが望ましいですが、相続人全員で納得のいく決断をすることが大切です。

足立区で遺産整理を行う際は、トラブルを防ぐために正しい遺産分割方法を知っおくことが大切です。遺言書がない場合は、遺産分割協議を開き、相続人同士が納得した上での割合を決めます。

足立区で遺産整理を行う際にトラブルが発生したという人もいるのではないでしょうか。離婚が原因でトラブルが発生することが多いです。専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

足立区に住んでいる人の中には生命保険に加入している人も多いでしょう。遺産整理では相続財産について相続人が話し合いで決めることがありますが、生命保険金請求権は相続財産に含まれません。

これから足立区で遺産整理をする予定のある人は、リスクについて知っておく必要があります。相続の期限が過ぎてしまうと、マイナスの財産を背負うなどのリスクが発生する恐れがあるのです。

近年、投資に関する知識や関心が高まっており、株式などの有価証券を保有している人が多いです。足立区で遺産整理をする人は、株式などの有価証券の相続について知っておきましょう。

足立区で遺産整理をしている人の中には、不動産を相続するという人もいるでしょう。不動産は、価値を計算しなければ話し合いがスムーズに進みません。評価するポイントを知っておきましょう。

足立区で遺産整理をする場合は、よく発生するトラブルについて知っておきましょう。遺産整理のトラブルは相続税の申告や納税に関するトラブルと相続人同士のトラブルの2つがあります。

足立区で争いを避けるために遺産整理おける必須事項を知っておきましょう。遺産整理における相続問題は争いがおきやすいです。必須事項を把握し、スムーズに遺産整理を進めましょう。

足立区に実家があり、一人暮らしの親が亡くなってしまったという人もいるでしょう。その際、遺産整理をしなければなりませんが、実家の二次相続に関するトラブルが発生する可能性があります。

足立区に実家があり、一人暮らしの親が亡くなってしまったという人もいるでしょう。その際、遺産整理をしなければなりませんが、実家の二次相続に関するトラブルが発生する可能性があります。

足立区に住んでいる夫婦の中に、離婚調停中の夫婦もいるでしょう。離婚調停中に夫が亡くなってしまったというケースがあります。この場合における遺産整理や相続について知っておきましょう。

足立区に住んでいて、疎遠になっている親族がいる人もいるでしょう。そのような場合の遺産整理はスムーズにいかなくなります。司法書士などの専門家に相談することをおすすめします。

足立区に住んでいる人の中には、ペットを飼っている人がいますが、ペットに財産を残すことができません。遺産整理でトラブルが発生しないように、飼い主や団体を見つけておくことが大切です。

空き家が足立区住民の生活環境に引きおこす問題は、所有者等の適切な管理によって未然に防ぐことができます。遺産整理の際に空き家の処分方法を考えてみてはいかがでしょうか。

足立区で遺産整理をする予定のある人は、相続税の配偶者控除について知っておく必要があります。配偶者控除を利用すると支払う相続税を少なくすることができるかもしれません。

遺産整理では遺言書があるかどうかによって相続手続きに必要な書類が違ってくるため、これから足立区で遺産整理を行う際は、遺言書がある場合とない場合の進め方を知っておきましょう。

足立区で遺産整理を行う際に、相続した不動産を売却することがあります。不動産は相続人全員の共有不動産となりますが、全員で売却手続きを進めることは難しいため、代表相続人を決めましょう。

足立区で遺産整理を行う際に、養子がいる場合は特別養子縁組なのか、普通養子縁組なのかを調べる必要があります。それによって相続権利が変わってきます。特別養子縁組は相続権利がありません。

足立区での遺産整理の際に、農地の相続をするという人は、注意点を知っておきましょう。農地法があるため、遺産整理時には農地法に基づいて、農地の売買や宅地等への転用する必要があります。

足立区で遺産整理をする際に、行方不明者がいると遺産分割協議をどのように進めて良いのかわからないものです。まずは、行方不明となってから7年以上経過しているかどうかを調べてください。

足立区にあるお墓は受け継いでいくものですが、誰が墓守をするのか迷うものです。遺産整理の際に墓守について話し合いますが、相続財産とは区別され、祭祀を承継する人が墓守になります。


公開日:
最終更新日:2018年6月4日

ページ上部へ戻る